トゲトゲのオニナベナ2013年07月15日 23:46


トゲトゲのオニナベナ

茎と花序がトゲトゲです

おまけに葉にもトゲがあるので、普段近づかない場所にぽつんと立っています。それでもバラのような鋭いトゲではありませんから扱いは楽です。今年は地植えなのでドライフラワーが多めに作れれそうです。マツムシソウ科の二年草。
Dipsacus fullonum

オニナベナの花序は5cm足らずの長さですが、より大型のラシャカキグサ(Dipsacus sativus)の花序は倍近くの長さがあり、おまけにトゲの先がカールしているので見分けは容易だと思います。

今年もありがとうございました2012年12月31日 23:20


今年もありがとうございました

もう直ぐ2012年が終わりますね。

今年も草花を通じてたくさんの方々のお世話になりました。

猛暑の影響もあってか満足できる1年ではありませんでしたので、来年はもう少し植物のために頑張りたいと思っています。

皆様よい年をお迎えください。そして来年もよろしくお願いいたします。

リース材料:アケビのつる・ボール紙・ワタ・ラグラス・ヒメユズ・オキナワスズメウリ

ベニバナ(紅花)2012年07月12日 22:58


ベニバナ(紅花)

奥の花は咲き進んでやや色が濃くなっています

昨年の4月に山形県河北町の役場から送って頂いた紅花の種が半分残っていたので今年も蒔いて育てたところきれいな花が咲きました。キク科の一年草。Carthamus tinctorius

古くから末摘花(すえつむはな)の名前通り花を染色や口紅などに利用されていたベニバナですが、現代ではドライフラワーや種子を搾った食用油などをよく目にします。

下の画像はドライにしようと昨年の開花後にカットしたものです。(2011/7/14撮影)今年の花は種を採って来年も楽しもうと思っています
ベニバナ(紅花)

ラグラスの収穫2011年06月16日 23:49


ラグラスの収穫

全体が色づいたのでラグラスを収穫しました

右が4週間前に刈り取ったドライフラワーで、左が種を採るために今回収穫したラグラスです。ドライフラワーは開花直後の茎や穂が青いうちに刈り取ったほうが断然よいものができました。Lagurus obatus

4週間前に刈り取った直後のラグラス。

ラグラスの収穫 ドライフラワー用

刈り取る直前のラグラスには白いおしべがちらほら見えていました。

ラグラスの開花

ベニバナ(ドライ)2011年01月05日 21:27


ベニバナ(ドライ)

知人からいただいて10年くらい経っているドライフラワーです

ベニバナは25年位前に1度育てたことがあるだけで、久しく育てていませんでした。このボロボロのドライフラワーを前にして、フレッシュなドライに更新する意欲が湧いてきました。Carthamus tinctorius

市販のドライフラワーは立派な姿をしているので、自分が育てても同じように作れないと育てる前から諦めがちななりますが、最近は素人なり試行錯誤しながらチャレンジするほうが楽しいことに気付きました。